top of page
text_kodomo.png
text_dokodemo.png

ご挨拶

ご挨拶

発起人

岡崎 伸

小児脳神経内科医

大阪市立総合医療センター 部長
専門医3分野(小児科学、小児神経学、てんかん学)
文部省科学研究(岡崎班)主任研究員
関西国際大学 子ども学(病児教育)講師
(一社)スペシャルキッズサポート振興協会理事
(※病児と家族向けチャリティーを推進する)

いよいよ2025年に、大阪・関西でEXPO(万博)が開催されますね。徐々に社会は盛り上がり、多くの方が楽しみにされていると思います。実は私、1970年大阪万博の年に生まれました。そして、母のお腹の中で万博を体験していたようです。父母からは、万博の思い出を幾度となく聞き、万博がつなぐ家族の思いの格別さを感じています。55年ぶりに大阪で万博が開かれるのを知り、私は楽しみにしておりますが、私が担当する病児と家族の中には、万博を楽しみにすらできない方たちが大勢いることに気づきました。いつしか「万博に来たくても来れないこどもや家族のための万博があれば」と思うようになり、口々に知人に話しをしていたところ、それならそれを作ればよい!と言ってくれる方たちが集まってきて、この企画を立ち上げる流れになりました。この企画に共感頂き、一人でも多くのスペシャルキッズが、万博を楽しみにできるようになれたらと願っています。

コンソーシアム代表

img_mori.png

森 啓悟

ジーワン株式会社 代表取締役CEO

名古屋市立大学大学院医学研究科 次世代医療開発学分野 研究員

日本経済大学 情報処理分野 非常勤講師

センサ&IoTコンソーシアム アドバイザ

”どこでも万博”withスペシャルキッズプロジェクトのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。コンソーシアムの代表を務めております森啓悟です。

当コンソーシアムは、重い病気や難病、障がいを持つこどもたち、私たちが「スペシャルキッズ」と呼んでいる彼らに、万博での特別な体験を通じて、新しい挑戦への一歩を踏み出してもらうための支援を行っております。

 

「スペシャルキッズ」にとっての障壁は、時として厳しく、大人である私たちも想像しがたいものです。しかし、その障壁を乗り越え、彼らが持つ無限の可能性を信じ、支援することが私たちの使命です。これは、彼ら個人の成長だけでなく、社会全体に対するポジティブな影響を目指すものです。

 

当ホームページでは、プロジェクトの最新情報、イベントのお知らせ、参加者の声など、活動の様々な側面をお伝えしていきます。私たちの活動にご興味をお持ちの方、スペシャルキッズたちの可能性を広げるためご協力いただける方は、ぜひご参加くださいませ。

私たちの取り組みに共感し、支援してくださる皆様の温かいご支持が、スペシャルキッズたちにとって大きな力となります。これからも彼らが社会の中で輝く未来を創るために、皆様とともに歩んで参ります。


どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

どこでも万博総合プロデューサー

img_toda.png

戸田愛

とことこあーす株式会社 代表取締役

日々「いのちと向き合う」こども達が居ます。

多様な個性を持つ中で「日常以外の世界に触れることが難しい」こども達が居ます。

そんな日本と世界のスペシャルキッズ達が万博の中で「新しい出会いを感じ、楽しみ、生きる喜びを共有し合う」そんな機会を届けたい!と取り組んでいるのがこのプロジェクトです。

 

生まれた国や場所、特徴を越えて、そこに技術が加わることで、双方向のより豊かなコミュニケーションとなって相互理解のきっかけをつくり上げます。

 

この万博を通して、こども達が個性を活かし合いながら共創し、「自らの生きる未来への可能性を広げていくこと」を何よりも願っています。

 

そして、未来に続く文化として世界に根付かせること・・・
それが我々が今出来ることだと考えます。

img_bg_link.png
img_about_dokodemo-expo.png
発起人/コンソーシアム代表 挨拶
コンソーシアムについて
お問い合わせ

コンソーシアムメンバー

img_tokotoko_earth.png
img_BCC.png
img_g-one.png
img_iPresence.png
img_dentsu.png
img_dentsu-promotion-plus.png
img_AtoJ.png
bottom of page